桃太郎と金太郎

こういうタイトルの本だったら
どんな内容だと思いますか?

ゴジラ対ガメラ

みたいに思いませんか?

images

桃太郎と金太郎が登場しそうですよね

ところが、そうじゃないんですよ

桃から生まれた桃太郎が
機嫌よく成長したんですよ

ところがある日
思うところがあって

自分のことを

金太郎って

名前を変えちゃったんです!

 

これ、私の次女が幼稚園くらいのときに
つくったお話なんですね

私は衝撃を受けましたよ

桃太郎から金太郎、じゃないの!!

 

昔、とある研究所で仕事していたとき
先輩研究員が言うんですよ

「ここの食堂の定食は高くて不味いから食べない方がいいよ」

「あっ、そうなんですか・・・。じゃ、所外に食べに行きますよ」と私

「でもね、麺類は違うよ」と先輩

「ほう、ちょっとは旨いんですね!」と私が期待すると

「いやいや、安くて不味い」

 

そっちかい!

 

ものの理解の仕方にパターンってありますね
これがあるから処理速度が速くなるんですね

ただ、速ければいいのか?ってこともありませんか?

 

面白いって、そんな常識の破壊なのかもしれません

 

そのためには
まずは常識を身に付けないといけないんですけどね

 

ビジネスなら
お客さんの常識を知ることが大切なんでしょうね

 

その常識を破壊しちゃいましょう!

あなたの中の
桃太郎と金太郎で!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です