要素が一つしかない簡単な構造の問題は、かえって解決しづらいもの。

 

「複雑ってどういうこと?」

 

って、いろんな要素が絡み合っている様子のことですね。

要素が一つしかない、簡単な構造の問題は、かえって解決しづらいものです。

それは、要素そのものを解決しなければならないからなんです。

 

複雑

 

複雑な問題は、要素と要素の組み合わせ方が問題なので、まだ手の打ちようがあります。

例えば、利益が上がらないという問題なら、次の公式から要素ごとに問題を探してみるでしょう。

 

利益=売上―原価

 

ここで売上が上がればいいのに、上げられないと悩むか、

 

売上=単価×客数×リピート率

 

と書き換えて、単価を少し上げてみようか。
単価を下げて、客数を増やしてみようか。

などと考えることができますね。

さらに、

 

原価=経費+原材料費

 

とすれば、経費を抑える手はないか、と考えることもできるでしょう。

一つ一つはほんのちょっとずつでも、各要素で積み上げると大きくなりますね。とくに、掛け算で効いてくる場合はなおさらです。

 

全部の要素が一切手をつけられないようなら、諦めるという解決策もありますが、

まあそれでも、要素はさらに細かく分解できるものですから、問題の要素を一つにしないことですね。

 

パズル

 

解決すべき課題は一つであっても、

 

その要素を複数にして解決しよう

 

という考え方です。

これは製品開発でも同じなんです。

詳しくは、また別の機会にお話ししますね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。