品質とはバラツキの少ないこと

ねじ加工会社の経営者から聞いたお話です

寸法通り作ったのに

クレームが届いたそうです

ねじの長さが 15.0mm

ナットを締めたら

ねじの長さが1.5mm足りない と客先から言われたんですね

 

ねじの長さを全数検査して 寸法の足りないものは不良だ

と客先は言い募ったんですね

 

ねじ加工会社は 寸法通り 作ったんです

しかも ねじの長さはどれも 15.0mm

品質に問題はありません

 

しかし ナットを組み合わせると ねじの先がナットの内部に凹んでいたので

ねじの品質に疑問をもったんでしょうね

 

品質の意味が分かっていないですね

ねじの長さにバラツキはなく 品質は高いんですよ

 

そもそも ねじの先がナットから飛び出ないこと 凹まないこと

つまり ねじの長さがナットと同じ高さになることを

要望として 伝えてなかったんですね

 

この要望があれば 寸法の不備が事前にわかったんです

 

ねじ加工の品質は極めて高いんです

バラツキの少なさが 品質の高さを表しているんですね

 

客の「思ったんと 違う!」という感情が

ねじの品質を疑わせたんですね

 

お客さんには 品質の意味を正しくお伝えしたいですね

 

このブログ、面白かったら

メルマガにご登録くださいまし

http://mail.os7.biz/m/LmhF


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。