水力発電は、実は太陽エネルギーの利用だということ。

再生可能エネルギーで、太陽電池や、風力発電が注目を集めているようですね。

でも、なぜか水力発電は期待されていない、というより、避けられている感じがしますね。

 

水力発電所

 

でもね、水力発電って、物理の言葉で表現しますと、

 

位置エネルギー → 運動エネルギー → 電気エネルギー

 

という変換なので、大変、エネルギーの変換効率がいいんです。

しかも、位置エネルギーを高めてくれるのは、そう、太陽なんです。

海の水が太陽の熱で蒸発して、上空に運ばれ雲になり、やがて雨となって山に降ります。

これが川となって、海に注ぎ込むんですが、その途中に水力発電所があるんですね。

 

水循環

水循環 – Wikipedia

 

ということで、水力発電は荒っぽく言えば、

 

太陽エネルギー → 電気エネルギー

 

ということになり、この変換効率は太陽電池を上回るんです。

太陽電池は10%程度で、水力発電は80%くらいはあるんですよ。

ただ、ダムなど土木工事の印象がよくないと思うんです。

それをいうなら、太陽電池だって、作る段階でデカイ工場が必要だし、石油もバンバン燃やしてるんですけどね・・・・

ただ、ここで強調しておきたいのは、

 

見えているところだけでなく、見えないところを含めて考えましょう。

 

ということです。その意味で、

 

水力発電って、太陽エネルギーの利用なんだ。

 

ということを知っておいてほしいんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です