何かを始めようとするとき、全体に対する5%になるという数字が目安になる。

そのむかし、ある口コミで集まる、1200人規模の講演会に参加したことがあります。

 

「魅力的な人間になるために」

 

というのがテーマだったんですが、そもそも休日の昼間っから、講演会に来るような人間は、変わっているんだとか。

しかし、その変わった人間は、「意識が高く」、行動力もあるので、講演会に足を運ぶというのですね。

その割合は3%らしいです。

 

講演会

 

ビジネス書を読むのが、パレートの法則に照らせば、20%となります。

そのなかで、実際に行動するのは、さらにその20%だから、結局、最終的に行動できるひとは、全体の4%ほどになるでしょう。

リッツカールトンの上位5%といい、やはり4%前後というのが、エリートの割合なのかもしれません。

「ランチェスター戦略」でも、上位5%に入いることを目指すもんなあ。

これから何かを始めようとするとき、この

5%という数字

は目安になるでしょうねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。